総合診療医センター紹介

東條 環樹東條 環樹

ひろしまCGM センター長

東條 環樹

北広島町雄鹿原診療所 所長

自治医科大学を卒業後、地元広島に戻り、県立広島病院で初期臨床研修、地域中核病院の三好中央病院勤務を経て現在の診療所に赴任しました。以来20年に渡り中山間地の無床僻地診療所である北広島町雄鹿原診療所で診療を続けています。

interview

現在の日常診療/業務

現在の日常診療/業務

地域で唯一の医療機関ですので、来院される方の年齢、疾患ともに幅広く、外来では赤ちゃんから高齢者まで、健康相談やいわゆるcommon diseaseの慢性期治療から緊急処置を要する患者さんの初期対応も行います。もちろん全てを診療所で完結することはできませんので、後方病院との病診連携を大切にしながら日々診療を行っています。

また、住民のかかりつけ医として住民の健康増進のために行政と協力したり、高齢者のケアのために介護保険サービスと協力して施設ケアや在宅ケアを提供したりしています。「医療を通じて地域を育む」をモットーに、住民啓発と健診の充実による健康増進と施設、在宅での高齢者ケアを車の両輪として地域ぐるみで継続してきました。

学生や研修医も積極的に受け入れて、地域医療、総合診療の教育をしています。

総合診療を目指すきっかけ

総合診療を目指すきっかけ

診療所にはいろいろな方が来院されますので、あらゆる困りごとに対応する必要がありました。当初はそれが総合診療であることにも気づいておらず、大変でしたが、いま振り返ると恵まれた環境だったと思えます。戸惑いながらも無我夢中で続けているうちに楽しさ、やりがいを感じるようになってきました。

多職種連携や行政との協力で地域全体にアプローチできるのも地域における総合診療の大きな魅力と考えています。地域での総合診療にとてもやりがいを感じています。

東條 環樹

総合医を志す学生、研修医へ

高齢化社会、多死社会を迎え、総合医に期待される役割は今後確実に増していきます。現在、総合医の数は広島県内でも少ないですが、これからの医療の大黒柱になるはずです。広島の医療を変えて、支えていくのは総合診療、そして総合医です。センターでは若い皆さんに総合診療の魅力を発信し、興味を持ってもらう仕組みを作りたいと思っています。

総合医を目指そうとしている皆さん、一緒に楽しく真面目に広島の、日本の医療を変えていきましょう。理想と希望を共有できる若いみなさんをお待ちしています。

総合診療医センター紹介
へ戻る

Page Top